岡山県岡山市の不動産賃貸・売買・総合建設業「不動産のみつまた」

ecopatioとは

この物件のことをもっと知りたい、こんな家に住みたい方はお気軽にお問い合わせください。

二世帯住宅として

お互いに気兼ねのない二世帯住宅をお考えですか?
エコパティオなら一戸でも独立性のある暮らしを実現できます。

(1)プライバシー(防音性)

二世帯住宅を建築する上で、最も重要なのはプライバシーの確保です。エコパティオは1棟2戸の完全独立型で、界壁には防音(吸音)性能に優れたデコスドライ工法を採用しています。
日常生活の音、屋外からの騒音、室内から屋外へ逃げるプライベート音を和らげることができます。

(2) ローコスト

e_img_02一般的に二世帯住宅は建物も大きくなり、建築コストも一般の住宅より大きくなってしまいます。エコパティオなら、1棟2戸で本体価格が1,380万円~なので、コストを抑えることもでき、先々のローン負担も軽くなります。

(3) 将来の活用方法

建築時から月日が流れると、時には環境が大きく変わることがあります。
このような状況でもエコパティオなら安心。2戸の賃貸大家さんになることもできますし、2戸のうち1戸を自分の住まいにして、もう1戸を賃貸として副収入を得ることもできます。

e_img_03

土地活用として

北九州市でエコパティオを経営するオーナー高橋さん(仮名)
ご主人を亡くされた後、自分が住んでいた住宅を賃貸として貸していました。
しかし、古家で大分痛んでいたこともあり入居者からのクレームがくることもたびたび。
修繕費もかかることから建て替えることを決意しました。


e_img_01もともとは住宅用の土地だったので土地の大きさは70坪。
都市高速が近くて車で移動するには便利でしたが、閑静な住宅街の中であり、アパートを建てるには少し不向きな立地でした。
そこでどうしたものかと悩んでいるときにエコパティオを知り早速話を聞いてみることにしました。
まず気に入られたのはデザインとプラン。
外観は若い人向きのスタイリッシュなデザインであり室内にはいるとパティオ(坪庭)が特徴的であること。
これなら入居者が喜んでくれると直感的に思われたようです。
また、建築費が思ったよりかからなかったのでそれほど負担にならないことも大きな要因でした。
完成前に入居者も決まり今はとても満足しているとご感想をいただきました。


裸で日光浴

e_img_04空に繋がったパティオ(中庭)は、観葉植物のジャングルにも、静かなアウトドアリビングにも自由に使うことができます。また、この中庭が部屋に明るい採光をもたらすと共に、風の通り道になり、豊かな空間を提供します。
パティオ(中庭)の面積は4.4㎡(1.33坪)。床仕上げはタイル貼りかウッドデッキとなります。

隣の音をシャットダウン

e_img_06連棟式のアパートメントで最重要課題は遮音対策です。
ここでも、セルロースファイバー断熱材、デコスドライ工法の多機能の特徴が活かされます。断熱性能の他に調湿性能、吸音性能の高さを活かし、隣戸間に理想的な遮音層を実現しました。
これにより、これまでの連棟式のアパートメントと差別化を図りました。セルロースファイバーによる高い遮音性を確保した、世界で唯一のデザイナーズハウスです。

セルロースファイバー(デコスファイバー)

人や環境にやさしい理想の断熱・調湿・防音材セルロースファイバーは、新聞古紙からリサイクル生産される環境配慮型断熱材です。
セルロースファイバーは、様々な太さの繊維が絡み合い、空気の層をつくることはもちろん、1本1本の繊維の中にも自然の空気胞が存在しているのです。
この空気の存在がよりいっそう熱や音を伝えにくくします。
さらに、木質繊維特有の吸放湿性で適度な湿度を保ちます。

二世帯住宅や子供がまだ小さなニューファミリーにおすすめです。

デザイン性と時代対応

e_img_08現在供給されている低層型アパートメントはどれもほぼ同様でバルコニーは同一方向を向き、あるというだけで洗濯干し場としてしか使用されていません。その洗濯物さえ、都会では防犯面から室内に干されているのが現状です。外から隔絶された室内のみがやすらぎの空間でしょうか。
エコパティオは室内に中庭を設けることで防犯性能を高めるだけでなくゆとりの空間構成を実現しました。豊かな可変空間がもたらす「ゆとり」こそエコパティオの類を見ない商品価値です。この高いデザイン性と空間が高い家賃と安定した入居をお約束します。

二世帯住宅経験者の声

二世帯住宅としての魅力

先日弊社が行ったアンケートの結果から一部ご紹介。
当然のことながら、二世帯住宅にして良かった!というご意見と、失敗した!!!というお話の両方の声を伺うことができました。
<良かった点>
・ お互いに困ったときには助け合えるし、収入が少ないので援助してもらえるところがいい。
・ 女性側の親との二世帯は女性にとっては家事・育児などメリットが多いです。
・ 子供の成長を親に見せる事ができて、かつ親の介護などもできるので賛成です。
・ 留守にするときは両親がいるので安心です。
<悪かった点>
・ プライバシーが無く、お互いに過干渉になった。
・ 増築する形での住宅になり、元の居住部分が古いため、割と音が筒抜けになってしまった。
・ 引越したくても、買い手が見つからない。
・ 二世帯住宅に同居して数年後、家族構成に変化が。必要以上に広いスペースとなり、無駄な税金を払い続けることになってしまいました。
そんな良いところを残し、悪いところをクリアするのが エコパティオ なのです!

敷地対応の高さ

狭小地の土地活用にも最適。

敷地面積36坪あれば2戸のレイアウトが可能です。敷地が広く、多数戸の連結プランを企画する場合も敷地の形状にあわせ、その配置は自由自在です。

information

●unifortについて詳しくお知りになりたい方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

詳しいお問い合わせ